バンクイック 審査

借金返済忘れてた…取り立ての流れを教えて!

借金をすることは悪い事ではありません。きちんと返済することが出来るのであれば、借金は必要な時に必要な金額を得ることが出来るとても便利な制度です。当然のことですが、返済出来てこその制度なのです。

借金をして毎月返済が始まりました。では、もし返済期日を忘れてしまったらどうなるのでしょうか?「すぐ振り込めば大丈夫?」「いつから取り立てって始まるの?」「家族に怖い思いをさせるんじゃ…」そんな不安についてお話ししたいと思います。

まず借金の取り立てがいつから始まるかですね。大きな流れとしては、期日の数日後に電話や書面で「返済を忘れていますよ」という連絡が入ります。そこですぐ振り込めば大丈夫です。この時点では、借金していることが他の人にばれないように配慮してくれます。返済が遅れそうなときは、その時点できちんと話すようにしてください。よっぽどのことがない限りは、融通が効くでしょう。電話や書面連絡があったのにも関わらず返済をしなかった場合は再度、電話や書面での連絡があります。そしてまた振り込まない…そんな繰り返しが数回あれば、毎日電話がくるようになり、勤務先に電話がくるようになります。直接的な訪問までには時間がかかりますが、それでも返済しなかった場合は自宅への訪問が始まってきます。直接的な訪問までは1か月ほど時間がかかると思って良いでしょう。

よくテレビで見るような怖い取り立ては、法律で禁止されているので安心してください。貸金業規制法という法律です。早朝や深夜の訪問は禁止されていますし、電話の回数も1日3回まで、勤務先への訪問は原則禁止、借りていることを本人以外の人間に知らせてはいけない、などがきちんと定められているので安心してください。これらが守られていないと、法律違反ということで訴えを出すことができます。

とはいえ、借金したら返済するのは当然です。計画的な借り入れをして、きちんと返済するようにしてくださいね。

絶対ばれる!カードローン申し込み申請書の嘘はご法度です!

カードローンを申し込む際には、申請書への記載が必要です。より良い条件で借りたい!それは誰しもが思うことですが、その為に申請書の記載で少しぐらい嘘をついても…そう思う人もいるのでは?でも待って!申請書への記載は正直に行ってください。なぜなら、記載内容の嘘は絶対にばれるからです。

まず、申請書に記載する項目としては何があるのでしょうか。主として挙げるとすれば、「氏名・住所」「収入金額」「勤務先」ですね。それぞれ見ていきましょう。

「氏名・住所」は運転免許証や住民票などの身分証明が必要ですね。窓口で直接申し込む場合は持参することが必要です。また、ネットでの申し込みでは運転免許証だけでは不十分なこともあります。直接顔を見ての申し込みではないため、本人確認ができないためですね。この場合は、確実にそこに住んでいる本人だと証明するために、申請された住所に転送が出来ない郵便物を送付して確認を取る手段が取られます。氏名や住所を偽るのはかなり困難だと言えます。

「収入金額」はどうでしょうか。収入証明書の提示を求められることもありますので、証明書の金額と違っていればすぐにばれてしまいますね。収入証明書不要!なんていう会社もありますが注意してください。それは不要なだけであって、収入に関しての審査がないかと言ったらそうではありません。勤務先への確認が入るかもしれませんし、給与明細の提示を求められるかもしれません。収入証明書が不要ということで、面倒な書類準備がいらないことによる手軽さをアピールしているだけですので、実際の収入金額をごまかしても証明書類がいらない、というわけでありませんよ。

最後に「勤務先」ですが、勤務先に直接連絡しての確認が無いとは言い切れません。嘘がばれてしまえば審査が通らないだけでなく、他のローン申し込みが出来なくなる可能性もあります。ローンを申し込んだ場合、各社で情報の共有が行われているので、嘘をついたことも知られてしまう可能性が高いのです。

申請書でついた嘘は絶対ばれます!正直に書いて得られる金額が、あなたにとって相応の金額ということになりますので、下手な嘘はつかなずにきちんと審査を受けてくださいね。

私はいくら借りられる?借入限度額はどうやって決まるの?

申し込みが電話やインターネットで出来るようになって、キャッシングやローンなどの借入は身近なものになりました。CMでも見かけるようになりましたね。何百万まで融資可能!なんて書いてあると、大金が借入できるの!?って驚くと思いますが、もちろん人によって借りられる上限金額、つまり限度額はバラバラです。上限何百万と書いてあっても、実際借りられる金額は数十万、ということも少なくないのです。

では、限度額はどのように決まるのでしょうか。限度額を決める要素はいくつかあります。借入先によって多少の違いはありますが、主な要素は「年収」「勤務年数」「年齢」「過去の借入歴」です。一般的に借入限度額は年収の3分の1までと決まっています。これが基本的な借入限度額になるのです。ですから、年収が少ない方は限度額が少なくなるのは自然です。勤務年数や年齢は、返済がきちんと行えるだけの馬力があるかを判断する条件になります。そして、実は一番大事なのが過去の借入歴です。借入は、借入先との信頼関係によって成り立つものです。過去の借入で返済が滞ったことがあれば、それだけ信用は落ちますので限度額も下げられてしまうかもしれません。

もしあなたが考えていたより限度額が低かった場合、もうどうしようもないのでしょうか。実はそんなこともないんです。借入は信頼関係が一番。審査が通って実際借入・返済を行います。そこで滞納せずにきちんと返済が行われれば返済能力があって信用できる人だ、と借入先が認識してくれます。そこで増額申請を行えば、限度額の増額の審査が通ることがあるのです。

いずれにしろ、借入は信頼関係が全てです。限度額に関わらずきちんと返済することで、必要な時に助けてくれる良きパートナーになってくれるでしょう。

借金に苦しむあなた!返済額が減る任意整理って知ってますか?

借金がなかなか減らない!利息につぶされそう、頭を悩ませている方いませんか?1人で悩んでいても限界があります。自分で借りて作ってしまった借金ですが、債務整理をすることで返済額が減ることもあるっていうことをご存知ですか?「任意整理」をはじめ、いくつか債務整理についてお話ししたいと思います。

債務整理と聞くと、まず思い浮かべるのは「自己破産」ではないでしょうか。自己破産してしまうとブラックリストに載ってしまうというのは有名ですね。その他にも、ローンが組めなくなる、住宅や車、家具、慮貯金をすべて差し押さえられてしまうデメリットがありますが、自己破産は借金を0にすることができるという点は最大のメリットです。しかし、あなただけではなく家族の資産もすべて差し押さえられてしまいますし、連帯保証人がいればその人に迷惑がかかってしまうので、いろいろな手段を試行錯誤したうえでの最後の手段となるでしょうね。

では、その他にどのような債務整理があるのでしょうか。1つは「民事再生」です。会社への適用となるイメージが強いですが、実は「個人再生手続き」ということで個人にも適用されるんです。そして何より、この民事再生ではマイホームを手放さなくても良いんです!ただし、マイホームの住宅ローンの減額はできません。住宅ローンを除いた部分で、借金額に応じて減額され、3年程度で返済可能な額となるのです。だいたい5分の1~10分の1になるケースが多いようですね。

もう1つは「過払い金返還請求」です。もし過去に返済した金額の中に、過払いした分が含まれていれば、その分の金額の返還請求が出来るというものです。なぜ過払い金が発生するのでしょうか。利息は、利息制限法という法律で利率が決められているのですが、知らずにその利率を上回る契約によって借金をしている人も少なくありません。法律にのっとって利率を変更します、という知らせがあったかもしれませんが、その知らせ以前に返済した分が修正されるわけではないのです。そういう方には、本来あるべき利率に計算し直して過払い金を返還してもらうということができ、それを未払いの借金返済に充てることも可能となります。

最後にご紹介するのは「任意整理」です。裁判所を通さずに個人で「利息をカットしたい」、「返済額を少し減らせないか」などの交渉するもので個人での交渉となるので、債権者に有利な方向に流れてしまいがちですので司法書士などの専門家に協力を頼むのが良いでしょう。

借金が苦しいと諦めないで下さい。紹介したとおり債務整理という方法もいくつかあります。一度専門家に相談する機会を設けて、自分とって良い方法を見つけてくださいね。

簡単便利!電話で出来るカードローン申し込みがあります

カードローンを申し込みたい、でも窓口に行く時間がない、交通手段も面倒。そんな理由で諦めていませんか?カードローンの申し込みって電話で出来るものもあるんです!しかも土日祝日も受け付けているところが多い!これは魅力的ですよね。

では、電話での申し込みはどのような流れで行われるのでしょうか。まず電話をして申し込みをします。そこで名前や借入希望金額の申し入れ、収入金額の確認などが行われます。そして一度電話を切って、審査結果を待ちます。審査が通れば、電話でその結果連絡があります。平日の営業時間内であれば最短30分で審査結果が出る場合もありますよ。審査が通れば、契約書類が郵送されてきますので、それに必要事項を記載し、運転免許証などの本人確認書類を添付して返送してください。あとはローンカードが郵送で送られてくるのを待つだけです。契約書類が送付される際に、すでにローンカードを送ってくれることもあります。事前に確認しておくと良いでしょう。また、借入金額によっては収入証明書が必要になることもありますので、こちらで準備しておく必要書類についての確認も忘れないでくださいね。

同じような流れで、郵送やインターネットでの申し込みも出来る会社も増えてきました。最初の電話のステップを、申込書類をその会社に郵送する、インターネットで入力して情報を送信する、とするだけで以降の流れは変わりません。

窓口に行く時間を確保するのは難しくても、電話や郵送、インターネット申し込みだと空いた時間で出来ますよね。カードローンは考えてるけど申し込みが面倒、そう思っている方は一度電話や郵送での申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

借金で知っておかなきゃいけない35日って何?

借金をするともちろん返済をしなければなりません。いつまでにいくら、という返済を継続していくことになるのですが、その返済方法が2種類あるのをご存知ですか?

1つは皆さんがよく知っている月に1回、決まった日に返済するという「毎月一定日」という返済方法です。これは借りた側で希望する日を指定できることもありますし、借入先が日を指定していることあります。毎月決まった日にちですので忘れにくいのはメリットですね。ではもう1つは何か、それは「35日サイクル」という返済方法です。

「35日サイクル」とは何でしょうか。簡単に言えば、1回返済をすると、次は35日後までに返済するという仕組みです。35日より早めに返せば、次の返済日も当初の予定日より早まります。1か月より少し長く借りることが出来る点はメリットですね。でもその分利息がかかってきますし、返済日を忘れやすいというデメリットがあります。

一方で、借り入れ先にとって「35日サイクル」のメリットはあるのでしょうか。給料が入ったら返済、と考える人がどうしても多くなるため、給料日として設定されることが多い25日に返済が集中してしまいがちになります。しかし、「35日サイクル」であれば返済が集中することを防ぐことが出来ますね。そして、「35日サイクル」のデメリットとしても挙げましたが、「毎月一定日」の返済より5日分利息がつくという点は借入先側にとってはメリットとなります。

忘れず確実に返済できる「毎月一定日」か、柔軟性の高い「35日サイクル」か、返済方法が選べる場合は自分に合ったものを選ぶようにしてください。

ローンってどういう仕組み?お金を借りるまでの流れをご紹介します

お金が必要!そんなときに便利なのはローンですね。最近では簡単に申し込めて時間もかからず審査してくれるものも増えてきました。その中でもカードローンは必要書類も少ないので、少額を頻繁に借入、返済するような方には便利だと思います。でもお金を借りるまで、実際どのような流れなのかって知らなかったりしますよね?簡単にご紹介したいと思います。

まず、カードローンを申し込みます。そこで審査が通れば契約となり、無事カードローンカードが届いて必要な時に借入が出来るようになります。借入を行う場所はATMや口座など選ぶことも出来ますよ。実はお金が借りれるまでの流れは、こんな簡単に説明出来てしまうのです。

でも審査が通るかどうか、どのような審査があるか不安ですよね。審査は、特に難しいものではありません。きちんとお金を返してくれる人かどうかを見極めるものですので、他社での借入実績が特になく、勤務先もしっかりしていて勤務年数もある程度あればまず審査で落とされることはないでしょう。そのかわり、審査の際に自己申告した勤務先や勤務年数、年収は、契約書類を返送する際に保険証や収入証明書を同封しなければなりません。嘘をついていればすぐにばれてしまいますし、嘘がばれてしまえば「嘘をついた」という情報が金融会社間で共有されてしまいますので注意してください。正直に申告することが大切です。

お金を借りるまでの流れは特に難しいものではなく、きちんと申し込み時に正しい申告を行えば審査で落とされる可能性は低くなるでしょう。カードローンの会社はたくさんありますので、自分に合ったカードローン会社を見つけてくださいね。

カードローンカードの再発行は出来る?手続き方法を教えます!

カードローンを申し込んで利用する。そこまでは良いのですが、しばらくお金を借りることがなくて急に借りる用事が出来た際、「あれ?カードローンカードがない!」そんな方もいるようです。カードローンカードが無いとATMからお金を引き出すことはできませんし、万が一盗難被害にあっていた場合は不正使用によって勝手にお金が引き出され、あなたがその借金を背負わされているかもしれません。カードローンが見つからない、そんなときは速やかに借入先への連絡を行ってください。

借入先へ連絡をすると再発行の手続きが行えます。特に必要な書類等はなく、連絡をすることで登録された住所に簡易書留で郵送してくれるところが多いようです。窓口での受け取りも選択できます。消費者金融系のカードローンであれば、自動契約機での再発行が出来るケースもありますので、再発行を依頼する際にはどのような手段が取れるかを確認して、自分に都合が良いものを選択するようにしてください。特に面倒な手続きはありませんので面倒だと思わずにきちんと連絡し、再発行の手続きを行うようにしましょう。

再発行を行うには、電話や窓口での手続きはもちろんですが、インターネットでの画面上から再発行手続きを行えるところもあります。インターネットであれば、24時間受け付けになっていますので時間を気にすることなく手続き出来るのは嬉しいですね。紛失連絡だけであれば電話は24時間受け付けているところがほとんどですが、再発行の手続きは別途営業時間に電話しなければなりません。

では、再発行の手続き後はどのくらいでカードが手元に届くのでしょうか。1~2週間はかかると思っていてください。意外と時間がかかるものです。いざ、というときに使えなくては、便利なカードローンの役割が果たせません。返済の期日がせまっていれば、カードの到着を待たずに返済額を振り込むことも忘れないようにしましょう。普段からカードの管理はしっかり行うようにしてくださいね。

自営業でも諦めないで!お金を借りる方法はあるんです!

個人でも急にお金が必要になることはありますが、自分でお店を経営していてまとまったお金が必要になることも当然あるでしょう。しかし、自営業だとお金を借りにくい、審査が通りづらいと聞いて諦めている方はいませんか?でも大丈夫です、自営業の方でもお金を借りることはできるんです!

なぜ自営業だとお金が借りづらいと言われているのでしょうか。お金を借りるということは、貸す側が「この人はきちんと返済してくれる」という信頼関係の中で成り立ちます。自営業はサラリーマンと違っていくら利益があったとしても、その利益が継続的なものだと証明することが難しいのです。返済能力があると認められないと、いくら今の状況が良かったとしても審査が通らないことがあるのが自営業なのです。自営業は無担保での借り入れになってしまう点も審査を難しくしている要因の1つですね。そんな自営業ですから、経営が少し苦しいというときの審査はさらに難しくなってしまうのです。

でもまったく借りることが出来ないか、というとそうでもありません。申し込みが簡単になって身近なものになってきたカードローンですが、自営業の方でもカードローンを申し込むことが出来るんです。カードローンは元々無担保で保証人なしというのが特徴です。しかし、一般的なカード論は個人向けであり、個人事業主は申し込むことが出来ません。そこで知っていてほしいのが、個人事業主向けのカードローンです。

最初から個人事業主を対象としているので、自営業ということで審査が難しくなることはありません。申し込みも電話やインターネットでも行えますし、必要な書類も個人向けのカードローンとほとんど変わりません。ただ、個人事業主の場合は、身分証明書はもちろんですが、借入希望額に関わらず確定申告書など直近一年分の収入証明書が必要になります。少し準備に時間がかかる資料になると思いますので、万が一の時のために常に準備しておくようにすることをオススメします。

銀行のカードローンより、顧客を増やしたい銀行系カードローンの方が審査が通りやすい傾向にあるようですので、一度調べてあなたに合ったカードローンを探してくださいね。

即日お金をゲット!借り入れはどういう仕組みになっているの?

引っ越しや結婚、出産などでまとまったお金が必要になる機会ってありますよね。そして、どんなに気をつけてはいても今日・明日で必要になるお金が準備できないことも出てきます。そんなとき、即日でお金を借りることが出来れば助かりますよね。広告等で見かける機会がある「即日可能!」といった借り入れはどのような仕組になっているのでしょうか。

即日可能な借り入れは、特に他の借り入れ手続きと異なる点はありません。審査をスピーディーに行ってくれるということだけなのです。申し込みもインターネットで出来ますので、窓口まで行かなくて良いのは時間と労力を考えればかなりのメリットではないでしょうか。インターネットで申し込んだ場合、申告するのは名前・住所、勤務先・勤務年数、融資希望額、他社からの借り入れ有無などです。それらの情報を送信すると、最短30秒で審査結果が出ます。審査結果が通れば、通常は申告した住所に契約書が届いて、契約書と一緒に身分証明書と収入証明書などの必要書類を返送するという流れになりますが、郵送していると即日借り入れは無理ですよね。

では、即日借り入れでは必要書類はどうするのか。インターネットでの申し込みの場合、スキャナなどで電子データ化した身分証明書と収入証明書を送信することで手続きできるようになっているのです。電子データの送信なら時間はかからないですよね。ですから、即日借り入れを希望する場合はあらかじめ必要書類を確認して、手元に準備しておかなければなりません。

また、即日借り入れするためにしてほしいことがもう1つあります。それは遅くても13時までには申し込みを済ませるということです。即日借り入れするためには借り入れ先で審査が行われて最初の金額を振り込んでもらう、もしくは引き出せる状態にしてもらわなければなりません。つまり、借入先の営業時間内にすべて済ませる必要があるのです。営業時間が終わるギリギリでは即日の借り入れが出来ない可能性もありますので気をつけてくださいね。

即日借り入れが出来ればとても便利で使い勝手の良いものかもしれません。しかし、その便利さ故に乱用して返済が苦しくならないように、自分に合った利用をするようにしましょう。